So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

日本三名山のもう一つの顔、立山で日本初の「氷河」、白山で日本最西端の巨大樹氷 「アイスモンスタ-」を確認 [地域]

 北陸地方は、今年豪雪に見舞われましたが、日本三名山(富士山、立山、白山)のもう一つの顔として、立山で6年前に発見された日本初の「氷河」、白山で今年初めて確認された日本最西端の巨大樹氷「アイスモンスタ-」について紹介しました。

立山連峰の氷河

 氷河は、山に降る雪が夏になっても解けずに次の冬を迎えると、残雪の上にまた雪が積もる(万年雪!)。これを繰り返すと、上層の積雪の圧力が増加し、底の方の雪は氷塊となり、低地に向かって流れ下るとされる。

立山、氷河(1).jpg

立山、氷河(2).jpg

立山 御前沢氷河、小窓氷河の氷体調査、とやま雪の文化、立山の雪、富山県県民生活課 水雪土地対策班(富山県)


(解説) 日本には現存しないとされてきた氷河を、富山県立山カルデラ砂防博物館の学芸課長、飯田肇さん(62)は、富山県の立山連峰で30年以上調査。2012年(平成24年)、立山連峰・劒岳の三ノ窓雪渓と小窓雪渓、立山の御前沢雪渓の氷体が、国内初の氷河と認められた。

白山連峰の巨大樹氷「アイスモンスタ-」

 巨大樹氷「アイスモンスタ-」は、針葉樹に氷点下で付着した水分が凍り初期の樹氷が生まれ、さらに着雪が進んで巨大化したものとされる。アイスモンスターに成長するには湿った季節風が必要で、白山での発生は、日本列島に大雪をもたらしている強い冬型の気圧配置が関係しているとみられる。

巨大樹氷「アイスモンスター(2).jpg

巨大樹氷「アイスモンスター」.jpg
白山の雪原に立ち並ぶ巨大な樹氷「アイスモンスター」、
石川と岐阜の県境、(早川康浩さん提供)2018.1.7

(解説) 国内では東北地方の一部の山岳地帯にしか残っていないとみられた、「アイスモンスター」と呼ばれる巨大樹氷。2018年(平成30年)、石川と岐阜の県境にある白山で、地元の山岳ガイド、乾靖さん(55)が現地で撮影した写真で鑑定された。記録のある1920年以降では最西端での確認といい、今年日本列島を襲った寒波が影響したとみられる。

(Link)

 〇 日本三名山のもう一つの顔、立山で日本初の「氷河」、白山で日本最西端の巨大樹氷アイスモンスタ-」を確認、とは(2018.4.24): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/2018424-8533.html



nice!(4)  コメント(0) 

雪の大谷ウォーク、17mの雪の壁(4月16日)、立山黒部アルペンルート、 北アルプスの富山、長野両県を結ぶ山岳観光ルート [地域]

 雪の大谷ウォークが4月16日、北アルプスを貫き、富山、長野両県を結ぶ、立山黒部アルペンルート(全長37.2km)の立山室堂平(標高2450m)付近で始まった。 
-
 厳冬期の1月30日から除雪がスタート、19台の除雪機械を使って、今季も17mの高さの雪の壁ができた。観光客は、高くそびえる雪の壁の迫力や、青空とのコントラストを楽しんだ。
-
            雪の大谷ウォーク、17mの雪の壁                                                                                
雪の壁、大谷、除雪、2018.4..jpg
-
除雪が進む立山黒部アルペンルート、本社ヘリ「おおづる」
から撮影、富山県立山町、2018.1.26(北陸中日新聞)  
-
立山室堂の積雪は、1月19日には7.45mに達し、除雪された跡は、
曲がりくねった道が天に昇る竜のように、
雪原にくっきりと浮かび上がっていた。
-                                                                                                                    
-

-

立山黒部アルペンルートが開通 、雪の大谷ウォーク始まる. 

YouTube(new japanese):
ー                                                
雪の壁、大谷、北陸中日、2018.4.17.jpg
-
雪の大谷を散策する観光客、立山黒部アルペンルート
富山県立山町、2018.4.16(北陸中日新聞)
-
 観光客は、照り返しを避けてサングラスをかけて写真を撮ったり、
雪の壁に触れたりしていた。アルペンルートは、
立山ー扇沢(長野県大町町)間の37.2kmを、
ケーブルカーやバス、ロープウェ-で結ぶ路線。
-                                                                                                                                  
(Link)
-
〇 雪の大谷ウォーク、17mの雪の壁(4月16日)、立山黒部アルペンルート、北アルプスの富山、長野両県を結ぶ山岳観光ルート、とは (2018.4.20): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/174162018420-4e.html

nice!(7)  コメント(2) 

晩春の桜、八重桜並木、兼六園菊桜(4月16日)、石川県庁南入口の遊歩道沿いの八重桜並木〈7種)、県民の杜の遊歩道沿いの菊桜(3種)の風景 [地域]

 昨日(4月16日)金沢は、気温7~14℃、久しぶり晴天でしたが、八重桜(7種)は、県本庁舎南側入り口の遊歩道沿いで、また、菊桜(3種)は、県民の杜の遊歩道沿いで、見頃を迎えていた。

 花びらは、5枚を一重桜、5〜10枚を半八重桜、10~50枚を八重桜、50~300枚を菊桜
と呼ぶ。 菊桜は、八重桜より小さいが、豪華な花に見える。特に、兼六園菊桜は、花びらが250〜400枚近く、日本で最も花びらが多く、壮麗である。


八重桜並木

P4134541.JPG
P4134547.JPG

重桜並木のプロムナード、県庁本庁舎南入口、駐車場沿い、

金沢市鞍月、2018.4.16


八重桜

〇 イチヨウ

P4134552.JPG


P4134556.JPG
イチヨウ(一葉)  淡紅色。花弁の内側が白色。

〇 カンザン

P4134560.JPG


P4164750.JPG
カンザン(関山) 紅紫色。花や蕾は濃い桜色。

〇 フゲンゾウ
P4134577.JPG
P4164760.JPG
フゲンゾウ(普賢象) 淡紅色。初め薄紅色、徐々に白色。

〇 ヨウキヒ

P4164772.JPG


P4164773.JPG
ヨウキヒ(楊貴妃) 淡紅色。

菊桜

〇 ケタノシロキクザクラ

P4164679 (2).JPG


P4164678.JPG

ケタノシロキクザクラ(気多白菊桜) 白色。


〇 ケンロクエンキクザクラ

P4164722.JPG
P4164720.JPG
P4164729.JPG

ケンロクエンキクザクラ(兼六園菊桜) 淡紅色。
県民の杜

P4134633.JPG

県民の杜の遊歩道、県庁北西、金沢市鞍月、2018.4.16  

(Link)

〇 晩春の桜、八重桜並木、兼六園菊桜(4月16日)、石川県庁南入口の遊歩道沿いの八重桜並木〈7種)、県民の杜の遊歩道沿いの菊桜(3種)、とは(2018.4.17):http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/4132018417-85f8.html




nice!(8)  コメント(2) 

俵屋宗達、江戸初期の町絵師、国宝、絵巻、「風神雷神図屏風」、扇絵、「扇面散屏風」 [絵画]

 日本美術史上、「名作」とたたえられる作品は、どのように誕生したのか―、創刊記念「國華」130周年、朝日新聞140周年、特別展「名作誕生-つながる日本美術」が、今日から 東京国立博物館(上野、東京)で開催される。 期間は、2018年4月13日(金) ~ 5月27日(日)、 http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1889

 俵屋宗達(たわらやそうたつ、生没年不詳)の創作の源として、絵巻、「平治物語」「西行物語」などの古典を題材に、扇面(せんめん)に描いた扇絵に注目。人物などの姿を大胆に切り貼りして独自の画面を構成したプロセスを読み解いている。 
 ここでは、ともに国宝の代表作、絵巻、国宝「風神雷神図屏風」、扇絵、「扇面散屏風」を紹介した。

風神雷神図屏風

風神雷神図屏風(2).jpg

風神雷神(ふうじんらいじん)図屏風)、俵屋宗達筆

 紙本金地著色、江戸時代(17世紀)、 国宝、京都 建仁寺蔵


風神雷神図屏風 琳派 京(みやこ)を彩る、京都国立博物館
Internet Museum: https://youtu.be/s1DOx13E9SU

(解説) 金箔で表現した空間、「無限の奥行」の上に、水墨の特殊技法を用い、見事なまで「雲」を描いた。神格化された風神雷神があたかも虚空から突然出現したような印象を、見るもの全てに与える。

扇面散屏風

俵屋宗達、扇面散屏風.jpg

扇面散(せんめんちらし)屏風、宗達 江戸時代(17世紀)

 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

(解説) 扇絵をたくさん貼り付けた「扇面散(せんめんちらし)屏風」。よく見ると、「伊勢物語」や「源氏物語」「平家物語」のほか、 上賀茂社での競馬や清水寺、野の秋草など、 祭礼や風景、花鳥を描いた様々な扇が作られている。

(Link)
 〇 俵屋宗達、江戸初期の町絵師、国宝、絵巻、「風神雷神図屏風」、扇絵、「扇面散屏風」、とは(2018.4.13): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-17ce.html

nice!(5)  コメント(0) 

心が安らかに、癒される歌、唄 さだまさし、「生きるものの歌」、「いのちの理由」 [音楽]

 心が安らかに、癒される歌、唄 さだまさし、永六輔作詞、「生きるものの歌」は、人間が生きていくということを正面から取り上げている。
-
 また、唄 さだまさし、さだまさし作詞、「いのちの理由」は、法然上人(浄土宗祖)の共生(ともいき)の教えをイメージした歌となっている。
 生きるものの歌
-

 生きるものの歌

-
歌手:さだまさし 作詞: 永六輔 作曲: 中村八大
 あなたが この世に生まれ
 あなたが この世を去る
 わたしが この世に生まれ
 わたしが この世を去る
 その時 愛はあるか
 その時 夢はあるか
 そこに 幸せな別れが あるだろうか
 あるだろうか 
-
(語り)
  もし世界が平和に満ちていても、悲しみは襲ってくる
  殺されなくても人は死に、誰もがいつか別れてゆく
  世界が平和でも、悲しい夜は来る
  誰もが耐えて生きてゆく
  思い出と友達と歌があなたを支えてゆくだろう
-
 あなたが この世に生まれ
 あなたが この世を去る
 わたしが この世に生まれ
 わたしが この世を去る
 その時 未来はある
 その時 涙がある
 そこに 生きるものの 歌がある
 歌がある
そこに 生きるものの 歌がある
歌がある
-
(解説)1974年(昭和49年)、永六輔は歌手としてデビューした。そのとき、「生きているということは」、続いて「生きるものの歌」を作詞し、人間が生きていくということを正面から取り上げている。中村八大が作曲・編曲して、ともにアルバム「六輔その世界」に収録されている。
-
 一度もヒット曲にならなかったが、「生きるものの歌」は忘れられることなく、21世紀の現在にまで歌い継がれている。1992年(平成4年)、中村八大は62歳、2016年(平成28年)、永六輔は83歳で永眠した。これらの歌は、さだまさしにとって、歌の原点だった。
-
 いのちの理由
-

-
 いのちの理由(法然共生イメージソング)
浄土宗祖法然上人800年大遠忌記念
-
-
歌手: さだまさし 作詞:さだまさし    作曲:さだまさし 
-
私が生まれてきた訳は
父と母とに出会うため
私が生まれてきた訳は
きょうだいたちに出会うため
私が生まれてきた訳は
友達みんなに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため
-
春来れば 花自ずから咲くように
秋くれば 葉は自ずから散るように
しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ
悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように
-
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを傷つけて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かに傷ついて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かに救われて
私が生まれてきた訳は
何処かの誰かを救うため
-
夜が来て 闇自ずから染みるよう
朝が来て 光自ずから照らすよう
しあわせになるために 誰もが生きているんだよ
悲しみの海の向こうから 喜びが満ちて来るように
-
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたに出会うため
私が生まれてきた訳は
愛しいあなたを護るため
-
(解説)2010年(平成22年)、宗祖法然上人800年大遠忌を記念し、シンガーソングライターのさだまさしさんが「法然上人をたたえる歌」の制作を依頼されて作った、法然共生(ともいき)イメージソングである。生きる意味とその尊さを歌い、さだまさしさんのニューアルバム「美しい朝」に収録されている。 
-
(Link)
-
〇 心が安らかに、癒される歌、唄 さだまさし、「生きるものの歌」、「いのちの理由」、とは(2018.4.7):http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-dcf9.html


nice!(5)  コメント(0) 

御室桜が満開(4月4日)、わたしゃ お多福 御室の桜 はなは低うとも 人は好く!遅咲きで知られる仁和寺の桜(真言宗御室派総本山、京都) [地域]


 仁和寺(真言宗御室派総本山)には、中門内の西側一帯に、遅咲きで知られる、樹高が低く2〜4mほどの「御室桜(おむろざくら)」が植えてある。京都では古くから、「わたしゃ お多福 御室の桜 はなは低うとも 人は好く」と詠われているが、昨日(4月4日)、昨年より12日早く、満開を迎えた。

 1696年(元禄9年)の伽藍再建の折りに植えられ、その数約240本、花びらは大ぶりで色も濃く、根元から枝分かれし、 目線の高さで鑑賞できる。江戸時代の案内本「都名所図会」に、花見の様子が鳥瞰(ちょうかん)図で紹介されるなど、古くから桜の名所として親しまれてきた。御室の桜が咲くと、京都の春も終わりを迎えると言われている。

 私は、1965年(昭和40年)の頃、御室仁和寺を訪れ、境内で「私(わた)しゃ お多福 御室(おむろ)の桜 はなは 低うとも 人は好く」、との立て札を目にし、ほとんどの桜の木の高さが人の背丈ほどしかないので、なるほど! と、この句では、はなは花と鼻の言掛けですね!今でも強く記憶に残っている。

御室桜と五重塔

御室桜(2)2018.4.5.jpg
(動画)京都桜情報(Kyoto sakura)  
  https://youtu.be/VHFIuhXJ9rU 

御室桜と五重塔、真言宗御室派 総本山仁和寺

京都桜情報(Kyoto sakura)
2018.4.4、 京都市右京区御室大内33 
(Link)

 〇 御室桜が満開(4月4日)、わたしゃ お多福 御室の桜 はなは低うとも 人は好く! 遅咲きで知られる仁和寺の桜(真言宗御室派総本山、京都)、とは(2018.4.5):
http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/44-201845-3384.html

nice!(7)  コメント(2) 

金沢のサクラ開花(3月29日)、ソメイヨシノ、モモ、ナシ(バラ科、植物季節観測用標本)の開花状況 [地域]


 金沢地方気象台は、3月29日、金沢のサクラが開花したと発表した。午前9時半に20.6℃、敷地内にあるソメイヨシノの標本木に、開花の基準となる5~6輪以上の花が咲いているのを、気象台の職員が確認した。

 今冬は記録的な大雪だったが、開花日は平年と同じだった昨年より6日早い。ここ数日の暖かさで一気につぼみが膨らみ開花したので、4月3日ごろに満開を迎えそうです。

 そこで、今日〈3月30日)、晴、気温6~14℃、1991年(平成3年)10月、金沢地方気象台の敷地内に植栽された、ソメイヨシノ、モモ、ナシ(植物季節観測用標本)の開花状況を観察し、それらの光景をデジカメに収めました。

 その後、金沢地方気象台は3 日(2018.4.3)、金沢市内のソメイヨシノが満開になったと発表した。平年より7日早く、昨年より5日早い。石川県内は高気圧に覆われ、最高気温は小松で24.0℃、金沢とかほくで23.6℃。各地で4月下旬から6月上旬並みの陽気となった。


 ソメイヨシノ 

P3304403.JPG
P3304412.JPG
P3304406.JPG

ソメイヨシノ(染井吉野、バラ科)、植物季節観測用標本

金沢市西念3丁目、2018.3.30

 モモ

P3304430.JPG
P3304423.JPG
P3304433.JPG

モモ(桃、バラ科)、植物季節観測用標本

金沢市西念3丁目、2018.3.30

 ナシ

P3304438.JPG
P3304444.JPG
P3304435.JPG

ナシ(梨、バラ科、植物季節観測用標本

金沢市西念3丁目、2018.3.30

P3304378.JPG
P3304380.JPG

金沢地方気象台、金沢駅西合同庁舎内 金沢市西念3丁目、石川県

(Link)

 〇 金沢のサクラ開花(3月29日)、ソメイヨシノ、モモ、ナシ(バラ科、植物季節観測用標本)の開花状況、とは(2018.3.30): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/329-28bb.html




 


nice!(8)  コメント(0) 

仲春の花木〈3月24日)、県民の杜、ミツマタ、ヒューガミズキ、アセビ、 庭園の噴水と滝 [地域]

 先日〈3月24日)金沢は、快晴、気温2~13℃、連続4日雨天後の好天気で、久しぶり、近くの県民の杜の庭園に仲春の花木を求めて散策しました。 
 その途中、遊歩道沿いで目にした、ミツマタ、ヒューガミズキ、アセビなど、個性的な花々、また、ソーラーポンプシステムの噴水と滝の光景をデジカメに収めました。 
ミツマタ
P3244171.JPG
P3244166.JPG
ミツマタ(三又、ジンチョウゲ科)、一年枝が必ず三又になって出る。
ヒューガミズキ
P3244207.JPG
P3244203.JPG
ヒューガミズキ(日向水木、マンサク科)
葉に先立って淡黄色の半開した花が下向きに咲く。
アセビ
P3244192.JPG
P3244193.JPG
 アセビ(馬酔木、ツツジ科)、馬が葉を食べると酔ったようになる。
 県民の杜
P3244251.JPG
                                                                                        -
                                                                                          -
P3244259.JPG
県民の杜の庭園 、ソーラーポンプシステムの噴水と滝
金沢市鞍月、2018.3.24
(Link)
 〇 仲春の花木〈3月24日)、ミツマタ、ヒューガミズキ、アセビ、ソーラーポンプシステムの噴水と滝、とは(2018.3.27): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/324-2018327-4b1.html


nice!(6)  コメント(0) 

仲春の霊峰白山(3月18日)、神々しい峰々、山麓の雪どけ田圃、杉森の 溢れる清水 [地域]



 一昨日(3月18日)金沢は、朝方から晴れ、気温1~16℃、2週間ぶり、いつものように、白山のふもと、鳥越の杉森地蔵水の湧き水を汲みに行きました。


 その途中、仲春の霊峰白山の神々しい峰々(御前峰、剣ヶ峰、大汝峰)を遠望し、山麓の雪解けで田圃が一面黒土の稲田を眺め、また、杉森地蔵水の溢れる清水を目にし、その風景をデジカメに収めました。


霊峰白山と山麓の田圃 


P3183909.JPG
P3183906.JPG
P3183908.JPG
P3183924.JPG
P3183918.JPG
P3183916.JPG
P3183920.JPG


 霊峰白山の神々しい峰々と山麓の黒土の田圃

鳥越、白山市、石川県、2018.3.18


白山連峰は真っ白ですが、山麓の白い雪野原は、すっかり雪が解けて、

一面黒土の田圃が顔を出していました。



 杉森地蔵水の清水 


杉森地蔵水の湧水、杉森、白山市、石川県、2018.3.18


山麓の雪解けも進み、杉森地蔵水の溢れる清水が

勢いよく水鉢に流れ落ちていました。


(Link)

 〇 仲春の霊峰白山(3月18日)、神々しい峰々、山麓の雪どけ田圃、杉森の溢れる清水、とは(2018.3.20):http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/3182018320-5159.html




nice!(9)  コメント(0) 

仲春の草花(3月15日)、野草のツクシ、スイセン、寄せ植え、パンジー、デージー、ハボタン、草花のスタンディング [地域]

 一昨日(3月15日)石川県内は、高気圧に覆われ、金沢の最高気温22.7℃と、5月下旬並みの暖かさとなった。金沢市の兼六園では、春を迎えるため、冬の風物詩の雪吊りの取り外し作業が始まりました。

 久しぶり、近くの県民の杜、鞍月セントラルパークを散策中、野草のツクシ、スイセン、華やかな園芸の寄せ植え、草花のスタンディングが目に留まり、しばらく、美しい花姿を鑑賞した後、その光景をデジカメに収めました。

 ツクシ

P3153858.JPG
P3153876.JPG

ツクシ(土筆、トクサ科)、県民の杜、歩道沿い

金沢市鞍月(県庁南西)


スギナの胞子茎、ツクシを筆にたとえ、地際に生えるので、土筆と書く。

スイセン

P3153846.JPG
P3153849.JPG

キズイセン(黄水仙、ヒガンバナ科)、県民の杜、遊歩道沿い

金沢市鞍月(県庁北西)

スイセン(水仙)の花色には赤、白、ピンク、黄色などがある。

寄せ植え

P3133769.JPG

パンジー(スミレ科、黄色、紫色)

P3133774.JPG
デージー(キク科、赤色)

P3133773.JPG
ハボタン(アブラナ科、白色)

P3133781.JPG
県民の杜、寄せ植え、遊歩道沿い、金沢市鞍月(県庁北)

寄せ植え

P3153828.JPG
P3153827.JPG
P3153826.JPG
P3153833.JPG

鞍月セントラルパーク、寄せ植え、遊歩道沿い

いしかわ緑と花の会、金沢市鞍月(県庁南東)

スタンディング

P3153801.JPG
P3153818.JPG
P3153804 (2).JPG

鞍月セントラルパーク、スタンディング、遊歩道沿い

いしかわ緑と花の会、金沢市鞍月(県庁南東)

(Link)

 〇 仲春の草花(3月15日)、野草のツクシ、スイセン、寄せ植え、パンジー、デージー、ハボタン、草花のスタンディング、とは(2018.3.17): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/315-2018317-607.html




nice!(5)  コメント(2) 
前の10件 | -